男たちのきずな
by 86p5khrbtc11
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
自賠責や被害者給付金も変更へ..
at 2010-06-11 23:38
警部補が酒気帯びで覆面パト運..
at 2010-05-27 09:34
後楽園で恒例の茶つみ祭=岡山..
at 2010-05-18 09:37
<上げ馬神事>「人馬一体」土..
at 2010-05-07 09:36
<トキ>新たに1組産卵か 3..
at 2010-04-24 04:15
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


広島市「黒い雨」模擬実験、降雨地域を解明へ(読売新聞)

 広島市は2010年度から2年をかけて、原爆投下当時の気象条件などを基に黒い雨など、放射性降下物の降下範囲や降り方を明らかにするためのシミュレーションに取り組む。

 気象条件などを整理した後に世界の専門家に呼びかけ、複数のモデルを検討する国際共同研究を行い、より正確なシミュレーションを行うことを目指す。

 シミュレーションは、1988年に市や県が設置した専門家会議が実施したが、その後、新しいモデルの開発が進んでいることから、改めて行う。

 10年度は、シミュレーションを行う前提条件となるきのこ雲の高さや、風向きなどの条件を整理。その後、それらの条件を基に放射性降下物の降下範囲、降り方を推定するためのモデルを公募し、研究者間で議論して、信頼性を高めていく。複数のモデルで検証することによって、より実態に近い結果を出すことを目指す。

 広島市調査課の漆原正浩課長は「今回のシミュレーションで、降雨地域が科学的に解明されることを期待している」と話している。

 原爆投下後に降った黒い雨の降雨地域について、国は「大雨」「小雨」地域を指定。「大雨」地域では、がんなど特定の病気と診断された場合に、被爆者健康手帳が交付されるなど、国の援護が受けられる。それ以外の地域では援護を受けられず、住民らが地域拡大を求めている。

 広島市が2008年から実施している被爆実態調査研究会で行われた住民アンケートでも、国が指定する降雨地域よりも広い範囲で雨が降ったという証言が多数寄せられた。

治療日数を約3倍に水増し 詐欺容疑で柔道整復師ら再逮捕 (産経新聞)
1人当たりの医療費 広島52万円 沖縄33万円(産経新聞)
<非出会い系>被害が前年比4割増 規制強化が影響か(毎日新聞)
認知症の妻絞殺、81歳に猶予付き判決(読売新聞)
改修工事もめ作業員2人刺す 74歳洋傘店主を逮捕 東大阪(産経新聞)
[PR]
by 86p5khrbtc11 | 2010-02-23 22:37
<< 相場操縦の元早大生ら、利益はキ... 寄付金「運営資金に使った」=記... >>