男たちのきずな
by 86p5khrbtc11
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
自賠責や被害者給付金も変更へ..
at 2010-06-11 23:38
警部補が酒気帯びで覆面パト運..
at 2010-05-27 09:34
後楽園で恒例の茶つみ祭=岡山..
at 2010-05-18 09:37
<上げ馬神事>「人馬一体」土..
at 2010-05-07 09:36
<トキ>新たに1組産卵か 3..
at 2010-04-24 04:15
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<上げ馬神事>「人馬一体」土壁に挑戦 三重・多度大社(毎日新聞)

 急峻(きゅうしゅん)な土壁を人馬一体となって駆け上がる三重県指定無形民俗文化財の「上げ馬神事」が4日、桑名市の多度大社で行われた。南北朝時代から続くとされる伝統の神事だが、動物虐待や未成年者の飲酒が指摘されたことから、文化財指定の適否を調査するため、県文化財保護審議会の委員が視察した。指摘を受け、神事を行う氏子組織「御厨(みくりや)」は今回初めて、7人の監視委員会を設け、竹やロープで馬をたたくなどの虐待行為に目を光らせたほか、馬の待機場を観客にも見える場所に移すなどの対策を講じた。

 県文化財保護審議会の委員は、虐待などは確認されなかったといい、「問題はないようだ」と話した。

 神事は若者の士気を高めるため始まったと伝えられ、約2メートルの土壁を駆け上がった馬の頭数で稲作の豊凶を占うようになった。この日は10万人(主催者発表)の観客が見守る中、地元の15〜19歳の武者姿の乗り子6人が2回ずつ挑戦し、3回成功した。5日も午後2時から行われる。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
春の多度写生大会:社殿や木々を思い思いに−−桑名 /三重
上げ馬神事:馬死ぬ 県文化財適否、視察中−−三重・東員の猪名部神社

<鳩山首相>4日、沖縄訪問 住民と対話も(毎日新聞)
元LOFT社長 安森健氏に聞く「なぜ、今雑貨ブーム?」(産経新聞)
カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
<サッカーW杯>ツアー業者と連絡取れず 相談相次ぐ(毎日新聞)
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)
[PR]
by 86p5khrbtc11 | 2010-05-07 09:36
<< 後楽園で恒例の茶つみ祭=岡山〔... <トキ>新たに1組産卵か 3組... >>