男たちのきずな
by 86p5khrbtc11
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
自賠責や被害者給付金も変更へ..
at 2010-06-11 23:38
警部補が酒気帯びで覆面パト運..
at 2010-05-27 09:34
後楽園で恒例の茶つみ祭=岡山..
at 2010-05-18 09:37
<上げ馬神事>「人馬一体」土..
at 2010-05-07 09:36
<トキ>新たに1組産卵か 3..
at 2010-04-24 04:15
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

自賠責や被害者給付金も変更へ 顔の傷訴訟確定「男女平等…当然」 (産経新聞)

 顔などに大きな傷跡が残った労災補償で、男性は女性より低い障害等級とする国の基準を違憲とした京都地裁判決に対して、厚生労働省が10日、障害等級の見直しを進めることを表明したことを受け、同等級をモデルにしているほかの省庁のさまざまな補償制度も変更される可能性が高まった。

 国土交通省が扱う自動車損害賠償保障法の後遺障害等級は、労災補償の障害等級をモデルにしている。国交省の担当者は「労災補償の障害等級が男女平等になれば、合わせるのは当然。厚労省の動きを見て変更を検討する」と話す。

 また、犯罪で亡くなった被害者の遺族や重大な障害を負った被害者らに対して、国が一時金を支給する法律「犯罪被害者等給付金支給法」を扱う警察庁も同じ姿勢だ。同法の等級も労災の障害等級が引き継がれており、担当者は「厚労省に合わせて変える」としている。

 また、この日、原告代理人の糸瀬美保弁護士が京都地裁で会見。「地裁で違憲判決が確定するのは珍しい」とした上で「男女平等の流れの中で当然の結果。男性の等級を女性の等級に引き上げるよう見直し、他の障害補償もそれにならってほしい」と話した。また原告の男性(35)は「やけどで苦しんでいたことを裁判所だけではなく国にも認められて嬉しい」と弁護士を通じてコメントした。

【関連記事】
顔やけどの労災補償「女性との差は不合理」 男性差別に初の違憲認定
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし
2億4千万円支払いで和解 過労で寝たきりファミレス支配人と経営者
どう主張すればよい? 職場のいじめで鬱病
じん肺男性死亡は「労災」 遺族年金不支給取り消し 甲府地裁
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

島根原発の不備は511カ所 点検漏れで中国電が最終報告(産経新聞)
雑記帳 南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
日航機、大量のオイル漏れ=滑走路1本、2時間閉鎖―関空(時事通信)
遺族年金不支給で国が敗訴=元妻に受給権認める―仙台地裁(時事通信)
追いつめられた小林議員 声震わせ「14日にお話を…」(産経新聞)
[PR]
by 86p5khrbtc11 | 2010-06-11 23:38